【貯金は負債という事実〜自己紹介④〜】

      2018/05/16


お金持ちがしている事

 

「金持ち父さん、貧乏父さん」

これを読んだ私の目からは、鱗がバラバラと

音を立てて落ちてゆきました。

お金がたまらないのには、理由があると気がついたのです。

 

 

お金持ちは、お金に働いてもらう。

そうでない人は、お金のために働く。

 

お金持ちは、資産を作る。

そうでない人は、負債を資産だと思う。

 

 

若い時にすべき事は、車や家を買って、負債を抱える事ではない。

お金が自分のために働いてくれる仕組みを作る事。

(つまり資産をつくる事。)

これがお金をためる秘訣だったのです。

(車や家は資産だと思われがちだけれど、

金持ち父さんの定義では、これらは負債なんです。)

 

 

例えば、車を所有すると、車検代、ガソリン代、駐車場代、、、

私のポケットからお金がなくなってゆく。だから負債。

家を所有すると、固定資産税、修理代、ローン返済の金利、、、

私のポケットからお金がなくなってゆく。だから負債。

 

 

金持ち父さんの教えは、とっても簡単。

「私のポケットからお金がなくなるもの=負債」

「私のポケットにお金を運んでくれるもの=資産」

 

 

金持ち父さんは、

「負債を作るのではなく、お金がお金を産むシステムを作る事。

つまり、資産をつくる事が大切。」

と、教えてくれていたのです。

さて、ここで私は?と、考えてみると。

 

医師も貧乏である理由

 

奨学金の返済は、負債。

家も車も持っていないので、そのためのローンはなし。

貯金は少したまってきた。

貯金は資産?

 

 

ここで、はっと気がついたのです。

例えば10万円銀行に預金して、金利0.03%という事は、

1年銀行に預金すると、プラス30円。

ATMでお金を引き落とすと、手数料250円。

30円—250円=—220円

あれ?銀行へ預金する事は、負債なの?!

 

 

ここで愕然!私はお金のために働くけれど、

お金が私のために働くシステムは、

1つも持ち合わせていなかったのですね。

お金がたまらないのも納得!

 

 

資産はないのに、負債だけあるのだから、

お金は貯まらないよね!という事に気がつくのでした。


 - はじめまして、医師のすみれです(自己紹介) , , , , , , ,